シボリコミュニティについて

SHIBORI COMMUNITY(絞りコミュニティー)は名古屋の有松に350年以上にわたって伝承されてきた絞りの技法を基礎に、シボリによる自己表現をめざしています。 1985年に名古屋で設立され、20年が経過しました。「シボリ」を単なる伝統技法のひとつとして固定的に見るのではなく、創造、すなわち自分らしさを求めて、さまざまな角度から見直し追求することが、活動の中心です。

会員一人一人が、シボリという伝承の技を「今にどう生かすか」ということを考えながら、自由で伸びやかな作品づくりを行っています。現在、「東京、名古屋、京都、広島、北九州、福岡」の6カ所に拠点をおき、100名ほどの会員が参加して、1年に一度の各地域で「作品展」を、2年に一度の「シボリコミュニティ合同展」を行っています。

このホームページをご覧頂き、シボリの多彩な表現による可能性を感じて頂ければ幸いです。





ページトップ