歴史

1986年6月
有松小学校体育館にて「全国絞り染公募展」開催
コミュニティ会員多数出品(金賞:芳賀信幸 銀賞:岡崎満恵)
1986年8月
稲葉佳子さんのお世話で名古屋ガーデンハウスにて「“空間へ布を絞る”作品展」開催
1986年11月
高橋悦子さんのお世話でミサワインテリアギャラリー東京&大阪にて「“空間へ布を絞る”作品展」開催
1987年6月
「浦山美代絞作品展」コミュニティ賛助出品(懇親会開催)
ミサワインテリアギャラリーにて「作品展・SHIBORI COMMUNITY」開催
ミサワインテリアギャラリー東京にて「作品展・WORKS IN '87」開催
1987年10月
名古屋・電気文化会館にて安藤宏子先生主宰の遊草会との合同展「第1回 SHIBORI FESTIVAL 」開催
主催:遊草会・シボリコミュニティ
後援:愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会・社団法人造形美術協会・染織と生活社
協力:木下製鋼株式会社
ミサワホームよりコミュニティの取材『MISAWA HOMEING NEWS』12月号に掲載される
1988年7月
ミサワインテリアギャラリーにて「作品展・涼風に彩りそえて」開催
ミサワセラミックホームサロン・大阪豊中にて「作品展」開催
京都での「絞り教室」開講準備(目的:コミュニティ会員増強)
世話係:小川裕恵
協力:岸野頼子・伊藤郁子・中野弘子・山本幾乃(関西在住会員)
1988年9月
京都コミュニティ発足
丸尾正子宅にて「京都絞り教室」開講 指導:早川嘉英・受講生18名でスタート
1988年11月
名古屋・電気文化会館東西ギャラリーにて「第2回 SHIBORI FESTIVAL ‘88」遊草会との合同開催
1988年12月
京都市社会教育総合センター1Fホールにて「作品展 SHIBORI COMMUNITY IN KYOTO」SHIBORI FESTIVALの作品を京都に移して開催
1989年6〜7月
ミサワインテリアギャラリー・大阪にて「藍染スクリーン展」開催
ミサワセラミックホームサロン・大阪豊中にて「藍染スクリーン展」開催
1989年8〜9月
電気文化会館東西ギャラリーにて「第3回 SHIBORI FESTIVAL '89」開催
8月28日の設営後、竹田先生宅・泊にて「絞り夜話・染色談義」を開催
1989年11月
愛知県産業貿易館本館にて「デザイン博覧会協賛・絞りシティなごや’89 国際絞りコンペティション’89」開催 コミュニティ会員多数出品(入賞:幸寺美沙・岡崎満恵・小川裕恵)
1990年2月
「国際絞り会議」(1992年開催予定)準備始まる
関西方面会員の共同製作(立体「竹林の星」)をデザイン博が買い上げ、55,000円をシボリコミュニティへ寄付
1990年5月
ハウジングセンター展への準備 交渉:竹田耕三・早川嘉英 協力(実行委員):伊藤英子・稲垣チヅ・岡崎満恵・下村訓子
1990年7月
京都・丸尾宅にて「7月例会」開催
1990年8月
名古屋神宮東中日ハウジングセンター12〜3棟にて生活空間に合わせた作品の展示・日本の表現「新鮮・SHIBORI」開催
ミサワセラミックホームギャラリー・大阪豊中にて「のれん展」開催
1990年9月
技法講習会開催 講師:榊原あさ子氏(手筋・ミドリ)
1990年10月
名古屋・電気文化会館東西ギャラリーにて「第4回 SHIBORI FESTIVAL ‘90」開催
主催:シボリコミュニティ名古屋 21名33点出品(シボリコミュニティ京都教室より11名17点出品)賛助出品:前田清子(1点出品)
ページトップ